CCW_Logo.png

バイクに乗る歓びをもっと多くのライダーへ


CCWのバイクへの情熱

バイクの乗り方、楽しみ方は、人それぞれ。スタイルやジャンルに縛られずもっと自由にバイクを楽しみたい。自由な発想でバイクを創る。それがCleveland CycleWerks ®です。
アメリカのクリーブランドに本拠地を置くCleveland CycleWerks ®は、スタイリッシュで楽しいバイクを創るプロフェッショナルファクトリー。
私たちの創るバイクの鼓動を感じてほしい。
私たちの創るバイクのハートを感じてほしい。
私たちの創るバイクと触れ合ってほしい。
Cleveland CycleWerks ®のバイクはレーストラックで速いわけでもなく、便利で快適でもなく、ハイテクでもない。原始的な内燃機関のエンジンをハートに持ち必要最低限の装備で走る。だからこそ見えてくる景色や特別な感動を味わう事ができるバイクを私たちは、提供できると確信している。
もっと高性能で便利なバイクを求めるなら、他社の製品を買って下さい。Cleveland CycleWerks ®しか表現出来ない世界がここにある。だから皆さんと一緒にこれからもバイクを楽しんでゆきたい。
それがCleveland CycleWerks ®です。

スタイリッシュであること

web-29.jpgweb-20.jpg
バイクはスタイリッシュでなければならない。だからこそ性能を邪魔しない限り最大限可能なデザインを追求する。それがCleveland CycleWerks ®の仕事の流儀。
デザインチームとテクニカルチームが協力しデザインが出来上がれば技術的に検証する。それを繰り返しバイクが創られてゆきます。試行錯誤の時間を省くことなく、バイクはゆっくり熟成され形になります。創り手の思いがバイクから伝わってきた時、それが名車として語り継がれるのです。


カラダで感じるバイク

eveningride043.jpg
バイクの面白さって何だろう?いろんな楽しみ方があるだろう。Cleveland CycleWerks ®が考える面白さは、『五感で感じるバイク』です。高性能なハイテクバイクで何不自由無く走るのも悪くはありません。
Cleveland CycleWerks ®のバイクは、現代のバイクと比べると不便です。エンジンを始動させるときキャブレターからガソリンを送り込み少しエンジンの機嫌を見ながら始動する。
ガソリンがもう少し欲しいとエンジンから言われればチョークを使い再びエンジンを始動する。Heist250 ®に関してはリアサスが搭載されておらずリジッドなので、路面のうねりがダイレクトに感じられる。道路が以外に平坦でないことが体で感じる事ができる。リジッドは悪い点だけではなく、鉄の塊りであるバイクが曲がってゆく感じを全身で制御する楽しみがある。今のバイクは、人がバイクに乗せられているだけ。そう感じるはず。
バイクは本来体で感じる乗り物。そうでなければバイクに乗る意味が無い。便利さを求めるなら車の方がずっといい。
バイクが発明されて100年以上経ったが今後、こんなバイクは生まれてこないかもしれない。
だから今乗るならCleveland CycleWerks ®だと思えるバイクを創り続けたい。ccbikepics010.jpg